京都薬品ヘルスケアのサプリメント「青魚の恵みDHA&EPA」の効果とは?

京都薬品ヘルスケアが発売しているサプリメント「青魚の恵みDHA&EPA」を飲めば、記憶力の向上と中性脂肪の減少の両方が、一度に解決するかもしれません!

中年といわれる年齢にさしかかって、記憶力の低下が気になったり、健康診断で中性脂肪に注意と言われた方に知ってほしい内容です。

結論から言うと、記憶力と判断力をサポートして、中性脂肪を低下させると期待できる機能性食品です。

この記事では20206月に発売が開始されたばかりの「青魚の恵みDHA&EPA」の特徴を紹介します。さらに詳しい内容が気になる方は、下記のリンクから公式サイトで情報を確認いただけます。

⇓公式サイトはこちらから⇓

「記憶・判断をサポート」「中性脂肪を下げる」【ミネルヴァ青魚の恵みDHA&EPA】

「青魚の恵みDHA&EPA」の効果とは?

記憶力と判断力をサポート!

年齢を重ねるごとに、「年」を実感して悲しい気持ちになることがありますね。まだまだイケる!と思っていても、30代後半・40代を過ぎる頃から、体力の衰えを感じ始めます。

次に外見。もちろん個人差はありますが、ちらほら気になり始めていた白髪が一気に増えたり、ふと気がつくとシワやシミが目立つようになります。

そして視力の衰えとともに、「物忘れの激しさ」を実感するように...。ちょっと悲しくなりますね。とはいえ、外見的な変化は分かりやすいので、きっと対応していることでしょう。

白髪は髪の毛を染めたり、体力作りにウォーキングをしたり。女性なら、基礎化粧品とは別に、シワやシミ対策のアイテムを毎日のお手入れに取り入れているのでは?

しかし、外見ではわからない「記憶力や判断力の低下のための対策」を、若いうちからやっている人は多くありません。

衰えを意識しながらも、「自分はまだ大丈夫」という気持ちがあるからかもしれません。

物忘れの原因は「加齢による脳の老化」の他にこんな理由があります。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 認知症やうつ病などの病気
  • 栄養不足や生活習慣病

 

・ストレスを受けることでコルチゾール(ホルモンの一種)の分泌量が増えます。そして、脳の海馬に作用することによる記憶力の低下です。

・睡眠不足によって、記憶の定着に大きく関わる「ノンレム睡眠」が足りないことによる記憶力の低下もあります。

・認知症やうつ病などの病気による脳の機能の低下、栄養不足や生活習慣病からくる脳の記憶に関わる働きの低下なども。

いまお伝えしたような理由が考えられます。

しかしながら、病気以外であれば自分で気を付けることができますね。

記憶力の維持に大切な成分と考えられている「DHA」と「EPA」は、必須脂肪酸と呼ばれていて、体内ではほとんど作ることができない成分だそう。

病的な要因ではなく加齢による記憶力の低下は、食事から摂る栄養成分の影響が大きいと考えられます。だから毎日の食事の中で、少しずつでも摂ることが重要な意味を持つということ。

中性脂肪をサポート!

不飽和脂肪酸は青魚に豊富で、中性脂肪を下げるサポートをするもの。DHAとEPAは「オメガ3系脂肪酸」と呼ばれています。

オメガ3系脂肪酸は脂肪酸の一種。DHAEPAは青魚に多く含まれるアブラ(脂質)に含まれるのです。そのアブラは脂肪酸によって特徴が決まります。

  • 飽和脂肪酸・・・お肉のアブラなどの動物性脂肪に多く含まれる。
  • 不飽和脂肪酸・・・魚や植物などのアブラに含まれる。

 

脂肪酸には2種類あり、不飽和脂肪酸のなかでも「オメガ3系の多価不飽和脂肪酸」が中性脂肪を下げる効果があると考えられています。

ちなみに、飽和脂肪酸をたくさん摂り過ぎると悪玉コレステロール値が高くなるので、「肉より魚をたくさん食べましょう」と言われるのです。あなたも聞いたことありませんか?

実際に、毎日魚を食べている人は心筋梗塞や脳卒中になりにくいとのデータが出ています。反対に、中性脂肪が高いと、心筋梗塞や脳卒中になる可能性が高まるとも。

オメガ3系脂肪酸は「マグロ・サケ・カニ」などの他にも、「くるみ・チアシード」や「アマニ油・えごま油」などにも含まれています。

魚は食事のメニューに取り入れやすいので便利ですが、調理して加熱することによって成分が破壊される可能性が大きいです。

アマニ油やえごま油は「体にいい!」とスーパーなどで表記されていますが、どちらの油もわりと高価。毎日たくさん摂るのはなかなか難しいものです。

だからこそ、中性脂肪を下げるにはサプリで確実に不飽和脂肪酸を取り入れることが必要。

「青魚の恵みDHA&EPA」の特徴4選!

機能性食品で安心

機能性食品とは、研究データを根拠に「こんな機能がある」とはっきり表示できる食品のこと。

 

「青魚の恵みDHA&EPA」とは、記憶力と判断力をサポートして、中性脂肪を低下させると期待できる機能性食品です。

ふたつの働き

DHAとEPAが青魚に多く含まれている成分で、記憶力のアップに効果的。ところで、記憶力の維持のために必要な量がどれくらいかわかりますか?

じつは、推奨されている1日の摂取量は1,000㎎です。これをマグロの赤身のお刺身に換算するとなんと40切れ以上にもなります。そんなに食べられないし、続けられないですよね。

また、青魚には中性脂肪を下げる効果があると言われる、不飽和脂肪酸のなかの「オメガ3系の多価不飽和脂肪酸」が豊富に含まれています。

「毎日魚をたくさん食べているから大丈夫」と思う人もいるかもしれませんね。とはいえ、食材に含まれるDHAEPAは、焼いたり煮たりと加熱調理することでかなり失われます。

だからこそ、サプリメントで意識的に毎日摂取することが、とても大切。「青魚の恵みDHA&EPA」なら、物忘れや中性脂肪の低下を効率よくサポート!

飲みやすい形状

つるんと飲みやすいソフトカプセルです。1日3粒でオメガ3系脂肪酸が約520㎎摂れます。魚が苦手な人も安心して飲むことができますね。食品なので、薬やほかのサプリとの併用も大丈夫。

国内生産

国内で作られているので安心です。鹿児島県枕崎市をはじめとする国内で搾油。DHAの豊富なカツオを原料に、高純度で濃縮精製加工した原料を使っています。

食品の安全のため、ダイオキシンや残留農薬など300もの項目を検査。IFOS(国際フィッシュオイル標準協会)の国際的な品質安全基準に匹敵!

公式サイトがお得!

90粒入って希望小売価格が4,320円(税込み)。計算すると、およそ1日あたり150円以内で飲むことができるのです。手軽に続けられて健康的な若々しさを保てたら嬉しいですね!

さらに、このページから申し込んだ人には初回半額になる特典付きです。ただし、定期お届けサービスで申し込みの先着300名のみとなっています。

  • 初回半額!
  • 2回目以降も25%オフ!
  • 送料も無料に!
  • 定期縛りなし!
  • 7日分(1,000円相当)プレゼント!

さらに、「ミネルヴァ青魚の恵みDHA&EPA」について詳しくわかるハンドブック付き!

詳細情報は、公式サイトで詳しくご覧いただけます。

 

⇓公式サイトはこちらから⇓


「記憶・判断をサポート」「中性脂肪を下げる」【ミネルヴァ青魚の恵みDHA&EPA】

これを機会に健やかな老後のことを考えて、ぜひ「オメガ3系脂肪酸を摂取する習慣」を身につけましょう!